すぐき2015夏.jpg

すぐき漬:上賀茂固有の野菜「すぐき菜」を塩だけで漬け込み乳酸発酵し、味わい深い酸味と香りが魅力の無添加のおつけもの。京都三大漬物(しば漬け、千枚漬け、すぐき)のひとつです。
千枚漬け:北海道産昆布により引き出される聖護院かぶらのまろやかな甘さと、シャキッと小気味よい食感。江戸時代末期に、天皇の宮中の料理人を務めていた大黒屋藤三郎が、聖護院かぶらを薄く切って塩漬けにしたことが始まりと言われます。
きょうな漬:「京菜」をシンプルな味付けで仕上げた浅漬け。シャキシャキとした食感です。

A-5すぐき千枚.jpg

​⑤京都上賀茂〈京都 なり田〉
すぐき漬・千枚漬詰合せ

〈各店50点限り〉〈税込〉7,776円

「なり田」の創業は1804年(文化元年)の江戸時代、第11代将軍徳川家斉の頃。実際にすぐきを作り始めたのはさらに遡り、300年以上も前のこと。その頃から変わらない製法で、すぐきを作り続けてきた「京都 なり田」から、冬のギフトにピッタリの、京都の冬を代表するお漬物、すぐき漬、千枚漬のセットです。

内容:すぐき漬350g×2・千枚漬120g×2・きょう菜漬110g 消費期限:製造より冷蔵6日間 
特定原材料28品目/小麦、大豆

 

配送について

・冷蔵配送

・指定日時届け可能

※北海道、沖縄、離島は別途送料(770円)がかかります。


​・進物可(簡易包装)名入れ不可